新車を買う時の流れ ~その2~

あとで変更しても良いので気になる新車を一台決めてみましょう….

インターネットやカタログをチェックして欲しい新車が絞れてきたら一度新車の見積もりを出してもらいましょう。

実際にどれくらいの諸費用や税金がかかるのか、自動車任意保険代もいくらぐらいなのかを把握しなければ話が先に進んでいきません。

メーカーが違っても同じ排気量や似たようなサイズの新車だと、税金や諸費用もだいたい同じくらいになります。

自動車任意保険代は、車種やグレードによって金額が変わりますが悩んでいる自動車がどちらもコンパクトカーであるとか、スポーツカーなど、同一のタイプであればやはり似てきます。

また、車両代が同じくらいでも、コンパクトカーとスポーツカーであれば保険代はスポーツカーのほうが高くなる傾向にあります。

コンパクトカーよりもスポーツカーのほうが事故を起こしやすいというのが保険金額が高くなる主な理由です。

少し話はそれましたが、先ずは新車の見積もりをもらいます。

その見積もりを見て費用に余裕があればワンランク上の車種やグレードを狙ってみるのも良いでしょうし、カーナビゲーションなどを考えてみるのも
良いかもしれませんね。

次の記事⇒
新車を買うときの流れ~その3~
・安い駐車場はどのように探すか?


時間や手間をかけずに、新車・中古車を1万円でも安く買いたい方へ

中古車を購入する時は、安心できる中古車を少しでも安く買いたいですよね。

ガリバーの中古車提案サービスは、累計で60万台以上の販売台数があり、北海道から沖縄まで全国の中古車の在庫と金額を調べてもらえます。
気に入った車があれば購入する事も可能です。


また、中古車提案サービスを利用しても、ガリバーで購入しなければいけない訳ではありません。

このサービスを利用すれば、全国の相場が分かるので、地元の中古車販売店と比較して、さらに安く中古車を購入することができます。

おおよその予算は決まっているが、車種が決まらない方向け
⇒◆中古車のプロが車を提案してくれるサービス(パソコンの方はこちら)(無料)

⇒◆中古車のプロが車を提案してくれるサービス(スマホの方はこちら)(無料)

欲しい中古車のメーカーや車種が決まっている方向け
⇒◆メーカーや車種から中古車を検索※詳細はこちら※(無料)


新車を購入するときは、1万円でも安く購入したいですよね。

1社だけの見積りで決めてしまうと、平均値引き額がわからず、相場よりもはるかに高い価格で買ってしまう可能性があります。
また、ライバル車・競合車の見積りを同時に入手すれば、付属部品・値引き・総支払額などが簡単に比較できます。

複数のディーラーへ見積りをもらいに行くのは手間ですし、営業マンからの攻撃を避ける手段として、「オンライン新車見積り」をしませんか?

オートックワン(MOTAモータ)なら、複数メーカーの新車見積りが無料で依頼できます。

複数の新車を見積りして、値引きの多いお店や良い対応のお店で商談すれば、新車を安く購入することができます。

国産車と輸入車の新車見積もりが欲しい方向け
⇒◆無料見積り 新車欲しい方必見!見積をネットでご回答!※詳細はこちら※(無料)