前原国土交通相は5月18日の閣議後の記者会見で、平成22年6月から実施予定であった高速道路の新たな料金制度について、6月実施を断念したことを表明しました。
 前原国交相は「(全国の37路線50区間を対象にした)無料化を先行して6月下旬から開始する」と述べ、上限2000円などの新料金制度の実施時期については、「国会の審議状況を踏まえて決めたい」と話した。
 新料金は、今夏以降に導入される可能性が強く、それまでは土日祝日「上限1000円」などの現行の料金割引が継続されます。
※下記内容は5月18日に保留となりました。
↓↓↓保留内容↓↓↓
 2010年4月9日現在に行われている高速道路料金割引、
自動料金収受システム(ETC)を装備した車を対象にした
土日・祝日限定の「1000円走り放題」は廃止され、
早朝・深夜など時間帯ごとに割引きされていた制度も廃止されるようです。
2010年6月から予定されている新料金は、
軽自動車の上限1000円、
普通車の上限2000円、
中型車以上の上限5000円
などの上限を決めるというものです。
ハイブリッド車など燃費の良い自動車を優遇する仕組みもあるようです。
※燃費値が20km/L以上
 
この新割引制度は、土日以外の平日にも適用し、ETCの有無を問わずに実施されます。
 
また、首都高速と阪神高速については
次年度よりETC利用者は500円から900円を
走行距離に応じて支払う料金体制になりますが、
現金にて利用する場合は上限の900円を支払わなければいけなくなります。
 
 
~国土交通省の実施方針~ 
※新たな料金割引は、法案成立後、今年6月中に試行的に導入し、平成22年度無料化社会実験を含めた検証結果も踏まえ、平成23年度以降、必要な場合は見直しを行う。
※首都高速・阪神高速は地方議会の議決を前提に年末~年始を目途
詳細は 高速道路の再検証結果と新たな料金割引(PDF)(平成22年4月9日 国土交通省 資料) をご覧ください
 
 
 
私たち自動車保有ユーザーにしてみれば、高速道路は少しでも安く、
もしくは無料になってくれれば、遠くに遊びに行きやすくなるのですが・・・
なかなか思うようにはいきませんね。
 
 
 


時間や手間をかけずに、新車・中古車を1万円でも安く買いたい方へ

中古車を購入する時は、安心できる中古車を少しでも安く買いたいですよね。

ガリバーの中古車提案サービスは、累計で60万台以上の販売台数があり、北海道から沖縄まで全国の中古車の在庫と金額を調べてもらえます。
気に入った車があれば購入する事も可能です。


また、中古車提案サービスを利用しても、ガリバーで購入しなければいけない訳ではありません。

このサービスを利用すれば、全国の相場が分かるので、地元の中古車販売店と比較して、さらに安く中古車を購入することができます。

おおよその予算は決まっているが、車種が決まらない方向け
⇒◆中古車のプロが車を提案してくれるサービス(パソコンの方はこちら)(無料)

⇒◆中古車のプロが車を提案してくれるサービス(スマホの方はこちら)(無料)

欲しい中古車のメーカーや車種が決まっている方向け
⇒◆メーカーや車種から中古車を検索※詳細はこちら※(無料)


新車を購入するときは、1万円でも安く購入したいですよね。

1社だけの見積りで決めてしまうと、平均値引き額がわからず、相場よりもはるかに高い価格で買ってしまう可能性があります。
また、ライバル車・競合車の見積りを同時に入手すれば、付属部品・値引き・総支払額などが簡単に比較できます。

複数のディーラーへ見積りをもらいに行くのは手間ですし、営業マンからの攻撃を避ける手段として、「オンライン新車見積り」をしませんか?

オートックワン(MOTAモータ)なら、複数メーカーの新車見積りが無料で依頼できます。

複数の新車を見積りして、値引きの多いお店や良い対応のお店で商談すれば、新車を安く購入することができます。

国産車と輸入車の新車見積もりが欲しい方向け
⇒◆無料見積り 新車欲しい方必見!見積をネットでご回答!※詳細はこちら※(無料)