自動車を運転するためには自動車免許が必要です。
自動車運転免許には大きく分けて2種類あります。
商用を目的としない「一種免許」
商用を目的とした「二種免許」
第一種免許は、非営業用の普通自動車免許で、
ほとんどの人は家の近くの自動車教習所や
合宿免許などを利用して一種免許を取得しています。
第二種免許は、タクシーやバスなどの
お客様から運賃をもらう自動車を運転する営業用の免許で、
第一種免許取得者が新たに試験を受けて取得する免許なのです。
街中を走るバスやタクシーは緑ナンバーですので分かりやすいですね。
緑ナンバーといっても、トラックにも緑ナンバーが付いているのですが、
こちらは一種免許で運転できるのです。(ちょっとややこしいですが)
自動車運転免許の種類ですが、
 ◆普通自動車免許 (18歳~)
 
車両総重量が5トン未満、最大積載量が3トンのもの又は、乗車定員が11人未満のもの。
 ◆大型自動車免許 (21歳~)
車両総重量が11トン以上、最大積載量が6.5トン以上のもの又は、乗車定員が30人以上のもの。
 ◆中型自動車免許 (20歳~)
車両総重量が5トン以上11トン未満、最大積載量が3トン以上6.5トン未満のもの又は、乗車定員が11人以上30人未満のもの。
 ◆大型特殊自動車免許 (18歳~)
エンジンの総排気量が1500ccをこえる特殊な構造のもので、特殊な作業に使用する自動車。
 ◆けん引免許 (18歳~)
大型・普通・大型特殊自動車のけん引自動車で、車両総重量が750kgをこえる車(重被けん引車)をけん引する場合に必要。
 ◆原付免許 (16歳~)
エンジンの総排気量が50cc以下の2輪(3輪スクーター等)のもの、又は、総排気量が20cc以下の三輪以上のもの。
 ◆小型特殊免許 (16歳~)
特殊な構造のもので、最高速度が15km/h以下のもの。
 ◆普通自動二輪免許 (16歳~)
「限定なし普通自動二輪免許」はエンジンの総排気量が50ccをこえ、400cc以下の2輪の自動車・側車付を含む。
「小型限定普通自動二輪免許」はエンジンの総排気量が50ccをこえ、125cc以下の2輪の自動車・側車付を含む。
 ◆自動二輪限定解除免許 (18歳~)
エンジンの総排気量が400ccを超える2輪の自動車・側車付を含む。
上記のように分けられておりますが、多くの人が取得している免許は
普通自動車免許くらいでしょう。
普通自動車免許を取得していれば、
原付免許が付帯されてスクーターに乗れますし
小型特殊(耕運機など)も運転できます。
あまり耕運機を運転することはないでしょうけど・・・
また、自動車保険には、ファミリーバイク特約などもありますので
スクーターを運転する人は一緒に加入しておきましょう。
→ファミリーバイク特約とは
 
 


時間や手間をかけずに、新車・中古車を1万円でも安く買いたい方へ

中古車を購入する時は、安心できる中古車を少しでも安く買いたいですよね。

ガリバーの中古車提案サービスは、累計で60万台以上の販売台数があり、北海道から沖縄まで全国の中古車の在庫と金額を調べてもらえます。
気に入った車があれば購入する事も可能です。


また、中古車提案サービスを利用しても、ガリバーで購入しなければいけない訳ではありません。

このサービスを利用すれば、全国の相場が分かるので、地元の中古車販売店と比較して、さらに安く中古車を購入することができます。

おおよその予算は決まっているが、車種が決まらない方向け
⇒◆中古車のプロが車を提案してくれるサービス(パソコンの方はこちら)(無料)

⇒◆中古車のプロが車を提案してくれるサービス(スマホの方はこちら)(無料)

欲しい中古車のメーカーや車種が決まっている方向け
⇒◆メーカーや車種から中古車を検索※詳細はこちら※(無料)


新車を購入するときは、1万円でも安く購入したいですよね。

1社だけの見積りで決めてしまうと、平均値引き額がわからず、相場よりもはるかに高い価格で買ってしまう可能性があります。
また、ライバル車・競合車の見積りを同時に入手すれば、付属部品・値引き・総支払額などが簡単に比較できます。

複数のディーラーへ見積りをもらいに行くのは手間ですし、営業マンからの攻撃を避ける手段として、「オンライン新車見積り」をしませんか?

オートックワン(MOTAモータ)なら、複数メーカーの新車見積りが無料で依頼できます。

複数の新車を見積りして、値引きの多いお店や良い対応のお店で商談すれば、新車を安く購入することができます。

国産車と輸入車の新車見積もりが欲しい方向け
⇒◆無料見積り 新車欲しい方必見!見積をネットでご回答!※詳細はこちら※(無料)