◆ETCレーンは20km/h以下で通過しましょう 
 
 
ETCレーンに設置されている開閉バーは、
ETC車載器と料金所システムの異常などで開かないことがあります。
開閉バーが開くまでは、安全に停止できる速度(20km/h以下)に減速し、
開閉バーの開いてから進みましょう。
 
  
 
◆ETCレーンでは、前のクルマと車間距離をとりましょう
ETCレーンでは、前のクルマが何らかの理由で
停車することがありますので、十分な車間距離をとりましょう。
 
 
 
◆ETCカードはしっかりと挿入しましょう
開閉バーが開かない原因のほとんどは、
ETCカードの挿し忘れや不完全な挿入が原因です。
走行中のETCカードの抜き差しは、通信エラーの原因になるのでやめましょう。
ゲートの開閉バーを壊したら実費を払わされますよ。
 
 
 
◆クルマから離れる時は必ずETCカードは手元に
ETCカードはクレジットカードの一種です。
防犯上、クルマから離れる時はETC車載器から抜き取り、
自らが携行するようにしましょう。
 
 
 
◆ETCカードの有効期限に注意しましょう
クレジットカードと同様に、ETCカードにも有効期限があります。
期限切れのカードでは開閉バーが開きませんので注意しましょう。
お得なETCカード徹底比較
 
 
 
 


時間や手間をかけずに、新車・中古車を1万円でも安く買いたい方へ

中古車を購入する時は、安心できる中古車を少しでも安く買いたいですよね。

ガリバーの中古車提案サービスは、累計で60万台以上の販売台数があり、北海道から沖縄まで全国の中古車の在庫と金額を調べてもらえます。
気に入った車があれば購入する事も可能です。


また、中古車提案サービスを利用しても、ガリバーで購入しなければいけない訳ではありません。

このサービスを利用すれば、全国の相場が分かるので、地元の中古車販売店と比較して、さらに安く中古車を購入することができます。

おおよその予算は決まっているが、車種が決まらない方向け
⇒◆中古車のプロが車を提案してくれるサービス(パソコンの方はこちら)(無料)

⇒◆中古車のプロが車を提案してくれるサービス(スマホの方はこちら)(無料)

欲しい中古車のメーカーや車種が決まっている方向け
⇒◆メーカーや車種から中古車を検索※詳細はこちら※(無料)


新車を購入するときは、1万円でも安く購入したいですよね。

1社だけの見積りで決めてしまうと、平均値引き額がわからず、相場よりもはるかに高い価格で買ってしまう可能性があります。
また、ライバル車・競合車の見積りを同時に入手すれば、付属部品・値引き・総支払額などが簡単に比較できます。

複数のディーラーへ見積りをもらいに行くのは手間ですし、営業マンからの攻撃を避ける手段として、「オンライン新車見積り」をしませんか?

オートックワン(MOTAモータ)なら、複数メーカーの新車見積りが無料で依頼できます。

複数の新車を見積りして、値引きの多いお店や良い対応のお店で商談すれば、新車を安く購入することができます。

国産車と輸入車の新車見積もりが欲しい方向け
⇒◆無料見積り 新車欲しい方必見!見積をネットでご回答!※詳細はこちら※(無料)