高齢者マーク(もみじマークとも呼ばれています)とは、高齢運転者標識のことで

   高齢者マーク
(平成20年6月1日から道路交通法が改正されました。)
 
 
 
  
(高齢者マークをクリックすると高齢者マークの金額や詳細が分かります。)

高齢者のドライバーに所定の高齢者マークを表示してもらうことにより、
他の運転者に注意を喚起し、当該運転者の保護を図る規定がなされています。
高齢者マークをクルマに貼り付けることで思いやり・譲り合い運転の励行と
幅寄せ・割り込み運転から保護されることになります。
高齢者ドライバーとは、
第一種大型免許や第一種中型免許、
普通免許を取得している人が対象で年齢が75歳以上の人です。
(70歳~75歳までは表示するように努めてください(75歳までは罰則はありません。))
表示対象自動車は、普通自動車(軽自動車も含む)で
表示する位置はクルマのボディの前面と後面の両方に、
地上0.4メートル以上1.2メートル以下の見やすい位置に表示しなくてはいけません。
高齢者マークはボディに貼り付けられるマグネットタイプや
室内のガラスに貼り付けられる吸盤タイプなどがあります。
高齢者ドライバーの高齢者マークの貼り付けを表示しない場合(75歳以上)、
道路交通法違反になります。(反則金 4,000円・行政処分点数  1点)
高齢者マークは、楽天やカー用品店、ホームセンターなどで販売されています。
または各運転免許試験場内などの交通安全協会売店でも販売しています。
また、高齢者マークを貼り付けているクルマに対して、
「幅寄せ」や「割り込み」をした場合には、
道路交通法違反となりますので
一般ドライバーの人は気をつけましょう。
高齢者マークをクリックすると高齢者マークの金額や詳細が分かります。
  


時間や手間をかけずに、新車・中古車を1万円でも安く買いたい方へ

中古車を購入する時は、安心できる中古車を少しでも安く買いたいですよね。

ガリバーの中古車提案サービスは、累計で60万台以上の販売台数があり、北海道から沖縄まで全国の中古車の在庫と金額を調べてもらえます。
気に入った車があれば購入する事も可能です。


また、中古車提案サービスを利用しても、ガリバーで購入しなければいけない訳ではありません。

このサービスを利用すれば、全国の相場が分かるので、地元の中古車販売店と比較して、さらに安く中古車を購入することができます。

おおよその予算は決まっているが、車種が決まらない方向け
⇒◆中古車のプロが車を提案してくれるサービス(パソコンの方はこちら)(無料)

⇒◆中古車のプロが車を提案してくれるサービス(スマホの方はこちら)(無料)

欲しい中古車のメーカーや車種が決まっている方向け
⇒◆メーカーや車種から中古車を検索※詳細はこちら※(無料)


新車を購入するときは、1万円でも安く購入したいですよね。

1社だけの見積りで決めてしまうと、平均値引き額がわからず、相場よりもはるかに高い価格で買ってしまう可能性があります。
また、ライバル車・競合車の見積りを同時に入手すれば、付属部品・値引き・総支払額などが簡単に比較できます。

複数のディーラーへ見積りをもらいに行くのは手間ですし、営業マンからの攻撃を避ける手段として、「オンライン新車見積り」をしませんか?

オートックワン(MOTAモータ)なら、複数メーカーの新車見積りが無料で依頼できます。

複数の新車を見積りして、値引きの多いお店や良い対応のお店で商談すれば、新車を安く購入することができます。

国産車と輸入車の新車見積もりが欲しい方向け
⇒◆無料見積り 新車欲しい方必見!見積をネットでご回答!※詳細はこちら※(無料)