中古車雑誌や街のクルマ屋さんで見かける新古車(しんこしゃ)
・未使用中古車(みしようちゅうこしゃ)とは何でしょう
新しくて古いとはどういう意味かというと・・・
新古車とは自動車ディーラーがノルマを達成するために自社で登録した車や、
搬送中に傷が付いたクルマなどを中古車として販売することを言います。
またショールームで展示していたクルマなどで傷がついた車両なども
新車として販売することはできず中古車として販売されることもあります。
こうした自動車のことを新古車(しんこしゃ)または未使用自動車といいます。
服や靴などでいうアウトレットというふうに考えていただければ良いですね。
ただし、中古車として販売されるときに「新古車」という表示はできませんので、
あくまでも一般的な中古車と同じ扱いになります。
また、軽自動車業界では「新古車(しんこしゃ)
・未使用中古車(みしようちゅうこしゃ)」は、
ディーラー(新車販売店)がナンバー登録だけを行なった車
になります。
自動車メーカーからの報奨金をもらうのが目的で、
書類上登録だけして、中古車で販売する手法なのです。
新車より15~20万円ほど安い価格で販売されます。
2016年6月にスズキ自動車の鈴木修会長が、
「お行儀の悪い売り方はやめます」と言われていたので、
今後軽自動車の未使用中古車は姿を消していくかもしれません。

では実際に新古車は安いのでしょうか?
全くの新車から比べると割安感はありますが、
車種によってはそんなに新車と変わらない事もあります。
また新古車を購入する時に注意してほしいのがどのように発生した
新古車なのかを確認する事が大切です。
もし傷がついたりして新車として売れなかったクルマだったら、
どんな傷だったかをお店の人に聞いてみましょう。
新古車の見積もりと、同じ車種の新車の見積もりとを
一緒に出してもらって比較してみましょう。
新古車・未使用車を見る
 
 
 


時間や手間をかけずに、新車・中古車を1万円でも安く買いたい方へ

中古車を購入する時は、安心できる中古車を少しでも安く買いたいですよね。

ガリバーの中古車提案サービスは、累計で60万台以上の販売台数があり、北海道から沖縄まで全国の中古車の在庫と金額を調べてもらえます。
気に入った車があれば購入する事も可能です。


また、中古車提案サービスを利用しても、ガリバーで購入しなければいけない訳ではありません。

このサービスを利用すれば、全国の相場が分かるので、地元の中古車販売店と比較して、さらに安く中古車を購入することができます。

おおよその予算は決まっているが、車種が決まらない方向け
⇒◆中古車のプロが車を提案してくれるサービス(パソコンの方はこちら)(無料)

⇒◆中古車のプロが車を提案してくれるサービス(スマホの方はこちら)(無料)

欲しい中古車のメーカーや車種が決まっている方向け
⇒◆メーカーや車種から中古車を検索※詳細はこちら※(無料)


新車を購入するときは、1万円でも安く購入したいですよね。

1社だけの見積りで決めてしまうと、平均値引き額がわからず、相場よりもはるかに高い価格で買ってしまう可能性があります。
また、ライバル車・競合車の見積りを同時に入手すれば、付属部品・値引き・総支払額などが簡単に比較できます。

複数のディーラーへ見積りをもらいに行くのは手間ですし、営業マンからの攻撃を避ける手段として、「オンライン新車見積り」をしませんか?

オートックワン(MOTAモータ)なら、複数メーカーの新車見積りが無料で依頼できます。

複数の新車を見積りして、値引きの多いお店や良い対応のお店で商談すれば、新車を安く購入することができます。

国産車と輸入車の新車見積もりが欲しい方向け
⇒◆無料見積り 新車欲しい方必見!見積をネットでご回答!※詳細はこちら※(無料)