※平成26年4月より自動車取得税の税率が変わりました。
新しい税率は平成26年4月より自動車の取得税率が引き下げられました
に記載しております。

新車購入時に必要な税金の一つに自動車取得税があります。
新車を購入する時に必ず支払わなければならない
自動車取得税は、国に納める税金ですので値引きしてもらうことは出来ません。
しかし、安くすることは出来るのです。
自動車取得税とは、新車の販売価格によって
下記のように支払う金額が変わる税金です。
自動車取得価額 × 税率(乗用車 5%)
自動車取得価額 × 税率 (軽自動車 3%)
ですので、200万円の自動車を取得する場合は
200万円からおおよその値引額を引いた金額(新車価格の10%)を引いた
180万円×5%=95,000円
9.5万円を自動車取得税として納めなければいけないのです
低公害車については特例措置が設けられていますので
税率が軽減される車両もあります。
また、障害者の人が使用する自動車や一緒に住んでいる
障害者を病院等へ連れて行くときに使用する自動車でも
自動車取得税の減免措置を受けられる可能性があります。
詳細は、東京都主税局で確認してください
新車を購入する時に必ず支払わなければならない
自動車取得税を安くする方法は
最初に取り付けするメーカーオプションを減らすことなのです。
メーカーオプションとは、新車を生産する工場で取り付けされる
パーツのことで、後から取り付けできないオプションのことです。
メーカーオプションを取り付けすることにより
自動車取得税は増えます。
ということは、不要なオプションを減らすことで、減額されたりもします。
実際にどれくらい増額(減額)されるかというと、
メーカーオプション一例 (トヨタ エスティマ)
◆17インチアルミホイール
 価格 96.000円・・・・取得税 4.300円
◆18インチアルミホイール→17インチアルミホイール
 価格 -36.000円・・・・取得税 -1.600円
◆ムーンルーフ
 価格 85.000円・・・・取得税 3.800円
◆HDDナビゲーション+後席テレビ
 価格 644.000円・・・・取得税 29.000円
などのように、HDDナビゲーション+後席テレビを
メーカーオプションで取り付けすれば29.000円も
取得税がアップするのです。
このHDDナビゲーション+後席テレビを
メーカーオプションではなく、販売店が後で取り付けする
ディーラーオプションにすれば29.000円も安くなるのです
もちろんこれは脱税ではありません。(安心してください)
どうしてもメーカーオプションでなければダメなら
しかたありませんが、ディーラーオプションでも良いのであれば
後で取り付けすることを検討しましょう。
 
 
 


時間や手間をかけずに、新車・中古車を1万円でも安く買いたい方へ

中古車を購入する時は、安心できる中古車を少しでも安く買いたいですよね。

ガリバーの中古車提案サービスは、累計で60万台以上の販売台数があり、北海道から沖縄まで全国の中古車の在庫と金額を調べてもらえます。
気に入った車があれば購入する事も可能です。


また、中古車提案サービスを利用しても、ガリバーで購入しなければいけない訳ではありません。

このサービスを利用すれば、全国の相場が分かるので、地元の中古車販売店と比較して、さらに安く中古車を購入することができます。

おおよその予算は決まっているが、車種が決まらない方向け
⇒◆中古車のプロが車を提案してくれるサービス(パソコンの方はこちら)(無料)

⇒◆中古車のプロが車を提案してくれるサービス(スマホの方はこちら)(無料)

欲しい中古車のメーカーや車種が決まっている方向け
⇒◆メーカーや車種から中古車を検索※詳細はこちら※(無料)


新車を購入するときは、1万円でも安く購入したいですよね。

1社だけの見積りで決めてしまうと、平均値引き額がわからず、相場よりもはるかに高い価格で買ってしまう可能性があります。
また、ライバル車・競合車の見積りを同時に入手すれば、付属部品・値引き・総支払額などが簡単に比較できます。

複数のディーラーへ見積りをもらいに行くのは手間ですし、営業マンからの攻撃を避ける手段として、「オンライン新車見積り」をしませんか?

オートックワン(MOTAモータ)なら、複数メーカーの新車見積りが無料で依頼できます。

複数の新車を見積りして、値引きの多いお店や良い対応のお店で商談すれば、新車を安く購入することができます。

国産車と輸入車の新車見積もりが欲しい方向け
⇒◆無料見積り 新車欲しい方必見!見積をネットでご回答!※詳細はこちら※(無料)