新車を買う時の流れ ~その7~
車種とグレードが決まったら自動車任意保険の計算をしましょう

自動車任意保険というのは、任意で入る保険なのですが必ず加入しましょう。

自動車で事故を起こした相手に支払う金額はカンタンに1.000万円~になってしまいます。
貯金では払えませんよね

車種とグレードが決まればちゃんとした保険金額が算出されます。

それに加えて必要なのが 主に自動車に乗る人(あなた)の情報(住所や年齢等)です。これはもちろんわかりますね。

次に、その自動車を運転するであろう人の年齢も必要になります。
と、いうのも任意保険には、年齢によって保険の金額が変わるのです。
18歳の人が加入する任意保険金額が一番高くなっています。

保険会社は、「いちばん事故を起こしそうな人は免許を取りたての若者だ」と決めているからです。おかしい気もしますが・・・

同じクルマでも21歳・26歳・30歳と年齢があがるにつれて任意保険料は安くなるのです。

誰が運転するかを良く考えて任意保険に加入しましょう。

ほかにも各保険会社から様々な特約が付いた保険が販売されていますし、同じ内容でも保険会社によって金額が違ってきます。

次の記事⇒
新車を買うときの流れ~その8~
・新車の値引き術


時間や手間をかけずに、新車・中古車を1万円でも安く買いたい方へ

中古車を購入する時は、安心できる中古車を少しでも安く買いたいですよね。

ガリバーの中古車提案サービスは、累計で60万台以上の販売台数があり、北海道から沖縄まで全国の中古車の在庫と金額を調べてもらえます。
気に入った車があれば購入する事も可能です。


また、中古車提案サービスを利用しても、ガリバーで購入しなければいけない訳ではありません。

このサービスを利用すれば、全国の相場が分かるので、地元の中古車販売店と比較して、さらに安く中古車を購入することができます。

おおよその予算は決まっているが、車種が決まらない方向け
⇒◆中古車のプロが車を提案してくれるサービス(パソコンの方はこちら)(無料)

⇒◆中古車のプロが車を提案してくれるサービス(スマホの方はこちら)(無料)

欲しい中古車のメーカーや車種が決まっている方向け
⇒◆メーカーや車種から中古車を検索※詳細はこちら※(無料)


新車を購入するときは、1万円でも安く購入したいですよね。

1社だけの見積りで決めてしまうと、平均値引き額がわからず、相場よりもはるかに高い価格で買ってしまう可能性があります。
また、ライバル車・競合車の見積りを同時に入手すれば、付属部品・値引き・総支払額などが簡単に比較できます。

複数のディーラーへ見積りをもらいに行くのは手間ですし、営業マンからの攻撃を避ける手段として、「オンライン新車見積り」をしませんか?

オートックワン(MOTAモータ)なら、複数メーカーの新車見積りが無料で依頼できます。

複数の新車を見積りして、値引きの多いお店や良い対応のお店で商談すれば、新車を安く購入することができます。

国産車と輸入車の新車見積もりが欲しい方向け
⇒◆無料見積り 新車欲しい方必見!見積をネットでご回答!※詳細はこちら※(無料)