車購入・クルマ売買・くるまを買う時の疑問や不安、悩みを解消 初心者や女性でもわかりやすい自動車購入ガイド

初心者でも失敗しない自動車購入 > おすすめの中古車情報 > オペル ヴィータ (輸入車コンパクトカー)

おすすめの中古車情報

オペル ヴィータ (輸入車コンパクトカー)

全長×全幅×全高: 3815×1645×1440(mm)
エンジン型式: Z12
排気量: 1198(cc)
最大出力: 75(ps)
最大トルク: 11.2(kg-m)
燃費: 16.6(km/l)
定員: 5(人)
1993年06月〜2004年03月


80年代からヨーロッパのコンパクトカーはどんどん大型化していった。

当時オペルのエントリーモデルだったカデットもライバルに対抗するために大型化し、ついに普通のCセグメントモデル、アストラへとスイッチする。

一方、より小さいモデルも需要が高まったのもこの頃。ヨーロッパではフィアット.パンダやルノー.トゥインゴ、フォード.フィエスタなどBセグメントのスモールカーの傑作モデルが次々と登場していた。

そんななかオペルが空洞化したエントリークラスに93年に登場させたのが、このヴィータ(現地名コルサは日本では同名のクルマがトヨタにあるため使用できなかった)だった。

デザインは日本人カーデザイナーの先駆けである児玉英雄氏。

ライバルたちが実用的な質素さや道具感を前面に出したのに対し、日本車的なかわいさや親しみやすさを表現した丸いデザインを採用した。

2代目モデルは00のデビュー。初代モデルのかわいさは薄れシャープなデザインとなった。

現代のこのクラスのトレンドからすると若干全高は低めだが、それがかえってスポーティさを強調していた。しかし04年、ヴィータベースのミニバン、メリーバの登場により、販売終了。

最終モデルはSports、GLS、GSiの3グレード。

Sportsは廉価グレードにあたり1.2リッター直列4気筒DOHCを搭載。右ハンドルのみの設定。

このSportsにはイージートロニックと呼ばれたセミオート5速MTのトランスミッションが組み合わされる。

量販グレードのGLSは1.4リッター直列4気筒DOHCを搭載し、右ハンドルと左ハンドル仕様が選択できた。

GLSは4速ATが組み合わされた。また最上級グレードのGSiは1.8リッター直列4気筒DOHCのスポーティなエンジンを搭載。

最高出力は125馬力と控えめながら、4600回転で最大トルクを発生させる扱いやすいエンジンだ。

組み合わされるトランスミッションは5速ATのみ。

全グレード、リモコンドアロック、オートエアコン標準装備とエキップメントは充実している。(情報:ガリバー)


ネットで簡単に中古車の見積りをもらう方法はこちら
 
 
 
 

時間や手間をかけずに、新車・中古車を1万円でも安く買いたい方へ

中古車を購入する時は、安心できる中古車を少しでも安く買いたいですよね。

ガリバーの中古車提案サービスは、累計で10万人以上の人が利用しており、北海道から沖縄まで約420店舗の中古車の在庫と金額を調べてもらえます。
気に入った車があれば購入する事も可能です。


また、中古車提案サービスを利用しても、ガリバーで購入しなければいけない訳ではありません。

このサービスを利用すれば、全国の相場が分かるので、地元の中古車販売店と比較して、さらに安く中古車を購入することができます。

おおよその予算は決まっているが、車種が決まらない方向け
⇒◆中古車のプロが車を提案してくれるサービス※詳細はこちら※(無料)

欲しい中古車のメーカーや車種が決まっている方向け
⇒◆メーカーや車種から中古車を検索※詳細はこちら※(無料)


新車を購入するときは、1万円でも安く購入したいですよね。

1社だけの見積りで決めてしまうと、平均値引き額がわからず、相場よりもはるかに高い価格で買ってしまう可能性があります。
また、ライバル車・競合車の見積りを同時に入手すれば、付属部品・値引き・総支払額などが簡単に比較できます。

複数のディーラーへ見積りをもらいに行くのは手間ですし、営業マンからの攻撃を避ける手段として、「オンライン新車見積り」をしませんか?

オートックワン(オートバイテル)なら、全メーカーの新車見積りが無料で依頼でき、営業マンからの希望しない電話連絡・訪問は一切ありません。

複数の新車を見積りして、値引きの多いお店や良い対応のお店で商談すれば、新車を安く購入することができます。

国産車と輸入車の新車見積もりが欲しい方向け
⇒◆無料見積り 新車欲しい方必見!見積をネットでご回答!※詳細はこちら※(無料)