車購入・クルマ売買・くるまを買う時の疑問や不安、悩みを解消 初心者や女性でもわかりやすい自動車購入ガイド

初心者でも失敗しない自動車購入 > 新車購入の流れ > 新車購入時 駐車場を借りるときに必要な費用

新車購入の流れ

新車購入時 駐車場を借りるときに必要な費用

新車を買う時の流れ 〜その10〜

新車を購入する時には駐車場が必要です。

駐車場を契約するときには月の支払いとは別に費用が発生します

各駐車場の管理業者によって違うのですが

一般的にかかる費用は、

◆保証金 〇ヶ月分
 利用期間中賃料の滞納などがなければ預けていた保証金は解約時に全額返金されます。

◆礼金 〇ヶ月分
 不動産屋に支払う仲介手数料です。
 
◆前賃料 〇ヶ月分
 契約後すぐに解約されないように先払いする賃料
  (3ヶ月先払いなら次の賃料支払いは4ヶ月先から)

◆車庫証明書発行手数料 〇〇〇円
 クルマを購入する時は、車庫証明書が必要です。


警察に提出する書類で必要なのが車庫証明書です。

駐車場を契約するときにはあらかじめ金額を確認しておきましょう。


車庫証明書発行手数料が無料の駐車場もあれば、

発行してもらうだけで50.000円かかる不動産屋もあります。


次の記事⇒新車を買うときの流れ〜その11〜
 ・印鑑証明書を準備する

 
 
新車を安く買う方法
 
 

時間や手間をかけずに、新車・中古車を1万円でも安く買いたい方へ

中古車を購入する時は、安心できる中古車を少しでも安く買いたいですよね。

ガリバーの中古車提案サービスは、累計で10万人以上の人が利用しており、北海道から沖縄まで約420店舗の中古車の在庫と金額を調べてもらえます。
気に入った車があれば購入する事も可能です。


また、中古車提案サービスを利用しても、ガリバーで購入しなければいけない訳ではありません。

このサービスを利用すれば、全国の相場が分かるので、地元の中古車販売店と比較して、さらに安く中古車を購入することができます。

おおよその予算は決まっているが、車種が決まらない方向け
⇒◆中古車のプロが車を提案してくれるサービス※詳細はこちら※(無料)

欲しい中古車のメーカーや車種が決まっている方向け
⇒◆メーカーや車種から中古車を検索※詳細はこちら※(無料)


新車を購入するときは、1万円でも安く購入したいですよね。

1社だけの見積りで決めてしまうと、平均値引き額がわからず、相場よりもはるかに高い価格で買ってしまう可能性があります。
また、ライバル車・競合車の見積りを同時に入手すれば、付属部品・値引き・総支払額などが簡単に比較できます。

複数のディーラーへ見積りをもらいに行くのは手間ですし、営業マンからの攻撃を避ける手段として、「オンライン新車見積り」をしませんか?

オートックワン(オートバイテル)なら、全メーカーの新車見積りが無料で依頼でき、営業マンからの希望しない電話連絡・訪問は一切ありません。

複数の新車を見積りして、値引きの多いお店や良い対応のお店で商談すれば、新車を安く購入することができます。

国産車と輸入車の新車見積もりが欲しい方向け
⇒◆無料見積り 新車欲しい方必見!見積をネットでご回答!※詳細はこちら※(無料)