車購入・クルマ売買・くるまを買う時の疑問や不安、悩みを解消 初心者や女性でもわかりやすい自動車購入ガイド

初心者でも失敗しない自動車購入 > 自動車の購入とは > 被災自動車に関する『よくあるご相談集』:自動車関係税制の相談編

自動車の購入とは

被災自動車に関する『よくあるご相談集』:自動車関係税制の相談編

国土交通省の情報
被災自動車に関する『よくあるご相談集』:自動車関係税制の相談編

(質問)
被災自動車の自動車税(軽自動車税)は、課税されるのか。

(回答)
1. 通常、管轄する運輸支局等で抹消登録等の廃車手続を行うと自動車税(軽自動車については軽自動車税)が課税されない仕組みとなっております。

2.今回の震災を受け、被災自動車をはじめ、課税客体となる自動車の状況を把握し、適切に自動車税を課税するため、納期限の延長(課税の延期)などの特例的取扱いを行っている県があります。

3.詳細については、県(軽自動車税は市町村)の税務担当にご相談ください。

4.なお、上記の納期限の延長等がなされている場合には、廃車手続きを急ぐ必要はありませんので、生活が落ち着いてからで結構です。


(質問) 被災自動車の自動車重量税は、還付されるのか。

(回答)
1.現在の制度では、自動車リサイクル法に基づいて解体された自動車に限り、自動車検査証の有効期間の残存状況に応じて支払った税金の一部が還付されます。

2.なお、上記以外の震災対応の自動車重量税の特例措置については、震災により滅失又は損壊した自動車について、平成25年3月31日までの間、既に納付された自動車重量税のうち、平成23年3月11日から自動車検査証に記載された有効期間の満了する日までの期間に相当する金額を、当該被災自動車の所有者に還付します。
※ 詳細は、「リーフレット(東日本大震災で自動車が被害に遭われた方へ)」をご参照ください。(http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr2_000008.html)

時間や手間をかけずに、新車・中古車を1万円でも安く買いたい方へ

中古車を購入する時は、安心できる中古車を少しでも安く買いたいですよね。

ガリバーの中古車提案サービスは、累計で10万人以上の人が利用しており、北海道から沖縄まで約420店舗の中古車の在庫と金額を調べてもらえます。
気に入った車があれば購入する事も可能です。


また、中古車提案サービスを利用しても、ガリバーで購入しなければいけない訳ではありません。

このサービスを利用すれば、全国の相場が分かるので、地元の中古車販売店と比較して、さらに安く中古車を購入することができます。

おおよその予算は決まっているが、車種が決まらない方向け
⇒◆中古車のプロが車を提案してくれるサービス※詳細はこちら※(無料)

欲しい中古車のメーカーや車種が決まっている方向け
⇒◆メーカーや車種から中古車を検索※詳細はこちら※(無料)


新車を購入するときは、1万円でも安く購入したいですよね。

1社だけの見積りで決めてしまうと、平均値引き額がわからず、相場よりもはるかに高い価格で買ってしまう可能性があります。
また、ライバル車・競合車の見積りを同時に入手すれば、付属部品・値引き・総支払額などが簡単に比較できます。

複数のディーラーへ見積りをもらいに行くのは手間ですし、営業マンからの攻撃を避ける手段として、「オンライン新車見積り」をしませんか?

オートックワン(オートバイテル)なら、全メーカーの新車見積りが無料で依頼でき、営業マンからの希望しない電話連絡・訪問は一切ありません。

複数の新車を見積りして、値引きの多いお店や良い対応のお店で商談すれば、新車を安く購入することができます。

国産車と輸入車の新車見積もりが欲しい方向け
⇒◆無料見積り 新車欲しい方必見!見積をネットでご回答!※詳細はこちら※(無料)