車購入・クルマ売買・くるまを買う時の疑問や不安、悩みを解消 初心者や女性でもわかりやすい自動車購入ガイド

初心者でも失敗しない自動車購入 > 維持費を節約する > クルマの燃費を良くする方法

維持費を節約する

クルマの燃費を良くする方法


維持費を安く上げるために、燃費の良い運転をしましょう


燃費を良くする運転の方法といってもゆっくり走っていれば、

良いわけではありません。


燃費の悪くなる原因はたくさんありますが、


◆余計なアイドリングをしない

コンビニに買い物に行っている間やクルマで休憩中のエンジンのかけっぱなし

暖機運転の行いすぎなどです。2〜3分でもエンジンを止めましょう。


◆空ぶかしをしない

意味の無い空ぶかしは、ガソリンを大量に消費します。


◆運転中に急のつくことはしない

急発進・急加速・はやめましょう。


アクセルをたくさん踏みこめば、エンジン内部にガソリンが大量に

送られてしまいますので燃費が悪くなります。


急停止や急ハンドルもタイヤやブレーキパットが早く減る原因ですので

なるべく行わないようにしてください。


◆トランクの不要な荷物を下ろしておく

トランクに使用していないゴルフバックやチャイルドシートなどは置いていませんか?

重たい荷物を詰め込んでいるだけで、燃費が悪くなります。


◆タイヤの空気圧を調整する

タイヤの空気圧が不足していると、地面との摩擦が増えて燃費が悪くなります。

ガソリンを入れるついでにチェックしてもらいましょう。


ガソリンスタンドで「タイヤの空気圧を調整して欲しい

といえば嫌な顔をせずに調整してくれます。


なるべくスタンドが込み合ってないときにお願いしましょう。

少なくても2〜3ヶ月に一度は点検しましょう。


◆エアコンの使用を控える

クルマのエアコンはエンジンの力を利用して作動させていますので

我慢できる暑さであればエアコンの使用を控えましょう。


エアコンをかければ通常の燃費より10%〜くらいダウンします。


◆ガソリンを満タンにしない

ガソリンタンクは乗用車で60リットル以上のガソリンが入ります。


そのガソリンタンクを満タンにすれば、

単純に60kgの重りを乗せて走るようなものです。


そこで、ガソリンを20リットルにすれば、40kgも減るのです。


この差は大きいですよ。


遠出をしない場合はこまめに給油するようにしましょう。

時間や手間をかけずに、新車・中古車を1万円でも安く買いたい方へ

中古車を購入する時は、安心できる中古車を少しでも安く買いたいですよね。

ガリバーの中古車提案サービスは、累計で10万人以上の人が利用しており、北海道から沖縄まで約420店舗の中古車の在庫と金額を調べてもらえます。
気に入った車があれば購入する事も可能です。


また、中古車提案サービスを利用しても、ガリバーで購入しなければいけない訳ではありません。

このサービスを利用すれば、全国の相場が分かるので、地元の中古車販売店と比較して、さらに安く中古車を購入することができます。

おおよその予算は決まっているが、車種が決まらない方向け
⇒◆中古車のプロが車を提案してくれるサービス※詳細はこちら※(無料)

欲しい中古車のメーカーや車種が決まっている方向け
⇒◆メーカーや車種から中古車を検索※詳細はこちら※(無料)


新車を購入するときは、1万円でも安く購入したいですよね。

1社だけの見積りで決めてしまうと、平均値引き額がわからず、相場よりもはるかに高い価格で買ってしまう可能性があります。
また、ライバル車・競合車の見積りを同時に入手すれば、付属部品・値引き・総支払額などが簡単に比較できます。

複数のディーラーへ見積りをもらいに行くのは手間ですし、営業マンからの攻撃を避ける手段として、「オンライン新車見積り」をしませんか?

オートックワン(オートバイテル)なら、全メーカーの新車見積りが無料で依頼でき、営業マンからの希望しない電話連絡・訪問は一切ありません。

複数の新車を見積りして、値引きの多いお店や良い対応のお店で商談すれば、新車を安く購入することができます。

国産車と輸入車の新車見積もりが欲しい方向け
⇒◆無料見積り 新車欲しい方必見!見積をネットでご回答!※詳細はこちら※(無料)