車購入・クルマ売買・くるまを買う時の疑問や不安、悩みを解消 初心者や女性でもわかりやすい自動車購入ガイド

初心者でも失敗しない自動車購入 > クルマの基礎用語

クルマの基礎用語

自動車の基礎用語集です。
よく使用される基礎用語をなるべく簡単に
解りやすく説明しています。

中古車価格は安くなる   新車を安く買う方法


エアークリーナー

エンジンのシリンダー内に入る空気のフィルターのこと

「エアークリーナー」詳細はこちら

パワーウィンドゥ

電気モーターの力で窓ガラスが開閉できる装置

FF車

FF車(フロントエンジン フロントドライブ車)

「FF車」詳細はこちら

FR車

FR車 (フロントエンジン リヤドライブ車)

「FR車」詳細はこちら

全長

自動車の長さのことでフロントバンパーからリヤバンパーまでの長さのことを言います。

全幅

全幅というのは、自動車の横幅のことでドアミラーの幅は含まれません

全高

全長というのは、自動車の高さのことで地面から屋根の一番高い部分までです。

ABS

ABSは アンチロック・ブレーキ・システム の略

「ABS」詳細はこちら

ブレーキアシスト

ブレーキを強く踏めないドライバーの操作を補助する装置

「ブレーキアシスト」詳細はこちら

チャイルドプロテクター

車内のドアレバーではドアが開閉できなくなる装置

「チャイルドプロテクター」詳細はこちら

ワイヤレスドアロック

リモコンスイッチの電波でクルマから離れたところで施錠・開錠できる装置

チルトステアリング

運転席のハンドルを上下に調整できる機構

オドメーター

運転席のメーター部にあり、走行した総距離をkmの単位で表示

エアバッグ

運転席や助手席の前などから出てくる風船状の衝撃をやわらげる装置

「エアバッグ」詳細はこちら

LSD

リミテッド スリップ デファレンシャルの略

「LSD」詳細はこちら

パワーステアリング

パワーステアリング(パワステ)は、主にエンジンの力でハンドル操作を軽くするための装置

「パワーステアリング」詳細はこちら

パワーシート

背もたれなどの位置調整を電気モーター(スイッチ)で作動できるシートの事

電動格納式ドアミラー

ドアについているミラーをスイッチひとつでボディ側へ倒したり戻したりできる装置

クルーズコントロール

走行中にスイッチを操作することにより、アクセルを踏まなくても自動で走る装置

「クルーズコントロール」詳細はこちら

フューエルリッド

燃料の給油口のこと。通常は運転席から操作できる位置にフューエルリッドオープナーがある

ムーンルーフ

サンルーフ等ともいわれ、自動車の天井部分にある窓のこと

テレスコピックステアリング

ハンドル(ステアリング)の前後の方向に調整することができる装置

エアコン

家庭用のエアコンと同じようなもので、ほぼすべての自動車に取り付けられています。

オートエアコンとマニュアルエアコンがあります。

ハイマウントストップランプ

リヤガラス付近に付けられていたり、スポイラーに組み込まれたストップランプのこと

最低地上高

タイヤを除いた最も低い自動車の部品の、地面からの高さのこと

グローブボックス

助手席の前にある小物入れのこと。 車検証などを収めるのに使用します。

サンバイザー

運転席・助手席上部に取り付けられている、角度調整ができる日よけのこと

ルームミラー

運転手が後ろを見るために室内に取り付けられたバックミラーのこと

エンジンオイルレベルゲージ

エンジン内部にあるエンジンオイルの量や汚れ具合を確認する為のゲージのこと

オートマチックオイルレベルゲージ

オートマチックトランスミッション内部にあるオートマチックオイルの量や
汚れ具合を確認する為のゲージのこと

ヒューズボックス

電気部品のヒューズが納められているボックス

カムシャフト

バルブを動かす為に取り付けられたシャフト

ツインカム

バルブを動かす為に取り付けられた2本のシャフト(DOHCのこと)

ホイールベース

前輪と後輪の中心軸の距離

トレッド

左右のタイヤ間の距離

アイドリング

クルマのエンジンをかけたまま停止している状態のこと

ETC(イーティーシー)

高速道路の料金所をノンストップで通過できるシステム。料金は後日クレジットで精算される。

イモビライザー

クルマの盗難防止装置

インパネ

運転席前のメーター周りのこと

インテリア

クルマの内装のこと

エクステリア

クルマの外装のこと

エンジンブレーキ

走行中にアクセルペダルから足を離すと、スピードが減速する制動力のこと

メーカーオプション

自動車メーカーの生産ラインで取り付けられる装備のこと

ディーラーオプション(販売店オプション)

ディーラー(販売店)で取り付けられるオプションのこと

クリープ現象

AT(オートマチック)車特有の動きで、Dレンジにシフトされた状態でブレーキを離すとするすると前進すること。(クリープ現象の無いATもある。)

すえ切り

クルマを停止させたままハンドルを切ること

制動距離

ブレーキをかけ始めてから停止するまでの距離

タコメーター

運転席のメーター内にあり、毎分のエンジンの回転数を表しているメーター

スピードメーター

運転席のメーター内にあり、車両の走行速度を表しているメーター。

トノカバー

外側から荷物が見えないように、ステーションワゴンやミニバンなどの荷室上部にある目隠しのこと。

ホイールナット

タイヤを留めているネジのこと。タイヤ一本につき4〜6個付けられている。

ハイブリッド車

エンジンとモーター両方を搭載し、走行状況に応じた使用をして燃費を良くさせたクルマのこと。(トヨタ プリウス等)

ハザードランプ

非常点滅灯

踏みしろ

ペダルを踏んで実際に作動されるまでの遊びの部分のこと

フューエルタンク

燃料をためておくタンクのこと

フューエルメーター

運転席メーター内部にある、燃料計のこと。どれくらいガソリン(軽油)が入っているかを示す

メンテナンス

クルマを点検したりすること

ユーザー車検

自分でクルマを陸運支局等に持ち込み、車検を受けること。整備工場で車検するよりも値段は安くつくが、時間と知識が必要です。

レーン

クルマが走行する車線のこと

フロントスポイラー

フロントバンパーに取り付けられるエアロパーツのこと

リヤアンダースポイラー

リヤバンパー下部に取り付けられるエアロパーツのこと

リヤウイング

リヤトランク部付近に装着される羽根(ウイング)のこと

サイドスポイラー(サイドステップ)

サイドマッドガードとも呼ばれ、ボディ側面の下部に取り付けるエアロスポイラーのこと

クラディングパネル

ドアパネル下面に装着するサイドパネルのこと。エアロパーツの一種

フロントグリル

左右のヘッドライトの間にあるパーツで、エンジン(ラジエーター)を冷却する為に穴が開けられている。

アイライン

ヘッドライトのレンズ部に装着するパーツのこと

リヤガーニッシュ

左右テールランプの間のボディパネルに装着するパーツ

エアロミラー

左右のドアミラーをスポーティーなミラーに交換したもの

ヘッドレスト

各シートの上部についている頭が当たるクッションのこと。通常取り外し可能な部品

リム径

ホイールの直径

アッシュトレイ

室内にある灰皿のこと

インナードアハンドル

室内からドアを開けるときのレバーのこと

インパネシフト

シフトレバーがインパネについていること。インパネ中央の足元が広くなります

ウォークスルー

運転席から助手席・リヤシートなどに、座席間を移動できる状態のこと

HIDヘッドランプ

ディスチャージヘッドランプと同じ意味で、普通のヘッドランプに比べて明るいのが特徴

ツートンカラー

ボディが2色で色分けされている塗装のこと

JASMA

日本自動車スポーツマフラー協会の略称

希望ナンバー

ナンバープレートの下4桁の番号を自分の好きな数字に出来ること

セルフ式ガソリンスタンド

自分で燃料を入れるガソリンスタンドのこと。通常のガソリンスタンドより金額が安い。

ディスチャージヘッドランプ

HIDヘッドランプと同じ意味で、普通のヘッドランプに比べて明るいのが特徴

デフロスター

エアコンのフロントガラスのくもりを取るモードのこと

アームレスト

シートの横にある肘置きのこと

第一種中型免許

車両総重量5トン以上・11トン未満の自動車に対応する免許

第一種大型免許

車両総重量11トン以上の自動車に対応する免許

SUV

Sport Utility Vehicle (スポーツ・ユーティリティ・ビークル)の略で

「SUV」詳細はこちら

センター出しマフラー

右側あるいは左側にあるマフラーの出口を、センターにレイアウトするマフラーのこと

インナーサイレンサー

ディフューザーともいわれ、テールエンドのパイプの内側に簡単に取り付け出来るパーツのことで、排気音量を減らす効果がある。

ディフューザー

インナーサイレンサーともいわれ、テールエンドのパイプの内側に簡単に取り付け出来るパーツのことで、排気音量を減らす効果がある。

マフラーカッター

マフラーのテールエンド(出口)をより太く見せたり、形状を変えるために装着するパイプのことで、機能面では効果のないドレスアップパーツです。

オールステンレスマフラー

メインパイプからテールエンドまで全てステンレスで作られたマフラーのこと

ステンレスは見た目が美しく、耐久性および軽量化に優れています。

自発光式メーター

表示の方法はアナログメーターであるが、文字盤と数字が発光している見やすいメーター

レッドゾーン

エンジンの許容回転域を超えた領域で、タコメーターの文字盤が赤色で表示されている部分

ステアリングスイッチ

ステアリングホイールに装備されたスイッチのこと。ATのシフトチェンジやオーディオなどを操作できる

ウレタンステアリングホイール

多くの自動車に採用されていて、ウレタンゴムで成型されたステアリングホイールのこと

皮巻きステアリングホイール

皮を巻いたステアリングホイールで、高級感を高める効果がある

ウッド調ステアリングホイール

木目調のデザインを施したステアリングホイールのことで、高級感を高める効果がある。

ガラスハッチ

リヤゲートのガラス部分だけを開閉できる機構のこと

ラゲージネット

走行中にトランクルーム内で、荷物が移動しないようにするための網のこと

ラゲージフック

ラゲージネットを取り付けるために使用する金具(フック)のこと

アクセサリーソケット

シガライタータイプ(DC12V)やコンセントタイプ(AC100V)の電源を取るソケットのこと

ヘッドクリアランス

室内に座ったときの、頭部と天井との間にある空間のこと

シートヒーター

ヒーターを組み込んだシートのこと。短時間で温まるのが特徴

オーバーハング

フロントオーバーハングは、前輪の中心〜車体最前部までの距離

リヤオーバーハングは、後輪の中心〜車体最後部までの距離

ETC

ETCとは、Electronic Toll Collection Systemの略

ETCカード

高速道路の通行料金を後払いで精算するための専用クレジットカードのこと

ETC車載器

高速道路の料金所をノンストップで通過するたに必要な器械のこと。ETCカードを挿入することで利用できるようになります。

熱価

スパークプラグが燃焼によって受ける熱を逃がす度合いのこと

エアフローセンサー

エンジンに入る空気の量を測定するセンサー

タンブル

燃焼を良くするため燃焼室内で発生させる渦のこと

O2センサー

排気ガス中の酸素濃度を測るセンサーのこと

グロープラグ

ディーゼルエンジンを始動するときに燃焼室内をあらかじめ暖める装置のこと

シングルポイント式燃料噴射

ガソリンエンジンの燃料噴射装置で、スロットルバルブ上流側にインジェクタを一つ配置したもの。

Aピラー

Aピラーとは、運転席から見て斜め前方に位置する、フロントウインドウを支える左右両端の支柱のこと。フロントピラーともいわれる。


フロントピラー

Aピラーとは、運転席から見て斜め前方に位置する、フロントウインドウを支える左右両端の支柱のこと。Aピラーともいわれる。

2WAYテールゲート

2WAYテールゲートとは、ゲート全体を上方に跳ね上げられるほか、ガラスハッチだけを単独で開閉することもできるような、2通りの開き方が可能なテールゲート(バックドア)のこと。

Tバールーフ

Tバールーフとは、ルーフ(天井部分)の中央部を残し、左右の席のルーフをそれぞれ独立して脱着できるようにした屋根のこと。

「Tバールーフ」詳細はこちら

VDA方式

VDA方式とは、トランク容量の測定方法のこと。ドイツの自動車工業会であるVDA(Verband der Automobil industrie)が定めた測定方式で、長さ200mm、幅100mm、高さ50mm、容量1リットルのテストボックスが何個トランクに入るかを調べます

エアロボード

エアロボードとは、オープンカーに装着される、風の巻き込みを低減する装置のこと。

オートレベラー

オートレベラーとは、車高を自動的に調整する装置のこと。

「オートレベラー」詳細はこちら

ガルウイングドア

ガルウイングドアとは、横方向に開けるのではなく、上方へ跳ね上げるようにして開くドアのこと。

「ガルウイングドア」詳細はこちら

クラッシャブルボディ

クラッシャブルボディとは、ボンネットやトランク部をつぶれやすくして、室内の乗員に対して事故時の衝撃を緩和させるもの。

スーパーファインハードコート

スーパーファインハードコートとは、フッ素樹脂によるクリア塗装を施し、優れた撥水性能や耐候性能を持つ塗装のこと

サッシュレスドア

サッシュレスドアとは、ハードトップやオープンカーなどの窓枠のないドアのこと

サッシュドア

サッシュドアとは、普通のセダンに採用されているドアガラス用の窓枠があるドアのこと

ハイトコントロールシステム

ハイトコントロールシステムとは、車高を自動調整するシステムのことで車速などの運転状況や路面状況により変化します。

ダックテール

ダックテールとは、アヒルの尻尾に似ていることから付けられた名で、トランク後端を少し上方へ持ち上げたデザインのこと

サイドシル

サイドシルとは、左右のドアの下の部分のこと

クリフカット

クリフカットとは、リヤウインドウが斜めではなく真っ直ぐに切り落とされたデザインのこと。

センターピラー

センターピラーとは、クルマを横から見たときに中央に位置する支柱のこと。Bピラーとも呼ばれる

Bピラー

Bピラーとは、クルマを横から見たときに中央に位置する支柱のこと。センターピラーとも呼ばれる

撥水コート

撥水コートとは、フッ素系溶液を窓ガラス等に塗布し、雨を球状にはじき、視認性をよくするために行うコーティングのこと。

プラットホーム

プラットホームとは、クルマの土台(ベース)となるシャシーフレームのこと

プライバシーガラス

プライバシーガラスとは、外から車内を見えにくく着色されたガラスのこと。

フェイスリフト

フェイスリフトとは、マイナーチェンジなどに合わせてフロントマスクのデザインを変更すること

フロントヘビー

フロントヘビーとは、クルマの前後の重量配分がフロント側に、かたよっていること。(クルマは前後の重量バランスが50:50になるのが理想とされています)

モノコックボディ

モノコックボディとは、シャシーフレームとボディフレームが一体化しているボディのこと

ロードクリアランス

ロードクリアランスとは、空車状態での地面とボディ間のすきまのこと。最低地上高ともいいます

衝撃吸収ボンネット

衝撃吸収ボンネットとは、ボンネット内側に衝撃吸収材を内蔵するなどで、事故時に歩行者の体がボンネットに叩き付けられたときの衝撃を緩和するための構造を持つボンネットのこと。

熱線吸収ガラス

熱線吸収ガラスとは、日光の熱線を吸収し、室内の温度上昇をおさえるガラスのこと

ロールケージ

ロールケージとは、室内に設置するパイプのことで、ルーフ部分の強度を向上させるもの。ロールバーともいう

ロールバー

ロールバーとは、室内に設置するパイプのことで、ルーフ部分の強度を向上させるもの。ロールケージともいう

防眩ミラー

防眩ミラーとは、後続車のヘッドライトの光がミラーに反射し、後方が見えにくくなることを防止できる機能を持つバックミラーのこと

挟み込み防止機能付きパワーウインドウ

挟み込み防止機能付きパワーウインドウとは、パワーウインドウを閉じている最中に窓ガラスにある程度の力がかかると、自動的に窓が下がる仕組み。パワーウィンドウ作動中に、子供などが窓に手を挟んでしまう危険性をなくすためのもの。

燃料電池自動車

燃料電池自動車とは、水素と酸素を化学反応させて電気を作る、燃料電池を動力源とするクルマのこと。

燃料電池車は、水素と酸素を反応させて得た力を動力に変えて走行させるため、排気ガスの代わりに水しか排出されないのです。環境に優しい未来の自動車です。

電気自動車

電気自動車とは、エンジンの変わりにモーターや電子制御装置、バッテリーなどを搭載した電気を動力源として走行するクルマのこと。

先進安全自動車

先進安全自動車とは、国土交通省と国内自動車・2輪車メーカー13社が、安全性向上を目指して、開発を推進しているクルマのこと

ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザインとは、クルマだけでなく、工業製品、日用品などのさまざまなモノを子供から老人まで、ユーザーが利用しやすく、より便利に利用できるように配慮したデザインのこと。

サブマリン現象

サブマリン現象とは、事故などで前方から強い衝撃を受けた時に、体がシートの座面に押さえつけられるようにして沈みこんでしまう現象のこと。


ISOフィックスチャイルドシート固定バー

ISOフィックスチャイルドシート固定バーとは、ISO(国際標準化機構)の規格で国際的に統一されたチャイルドシートを固定するバーのこと

JAF

JAFとは、(Japan Automobile Federation)日本自動車連盟のことで、ロードサービスや安全講習会などの自動車に関連する事業を展開している協会のことです。

ゼロエミッションビークル

ゼロエミッションビークルとは、電気自動車のような排気ガスを全く出さないクルマのこと

インターナビシステム

インターナビシステムとは、ホンダの情報サービスのことで、インターネットとカーナビゲーションを組み合わせたもの。

ITS(Intelligent Transport System)

ITSとは、高度道路交通システムのことで、政府が中心となり渋滞情報などの道路関連交通システムの開発を推進しています。

アウトバーン

アウトバーンとは、総距離が1万kmを超えるオーストリアとドイツにまたがる自動車専用道のことで、基本的に速度制限はありません。最近では事故が多発するため区間によっては130km/hでの走行が推奨されているところもあります。

LPG車

LPG車とは、LPガス(液化石油ガス)を燃料として走行する自動車ことで、レギュラーやハイオクなどのガソリンで走行するのではなく、LPガスを燃焼させることで走行する。タクシーのほとんどはLPG車である。

NCAP(New Car Assessment Program)

NCAPとは、自動車衝突テストのことで、乗員を衝撃からどの程度守れるのかを6段階で評価しています。日本では国土交通省の自動車事故対策センターが実施。

オートクルーズコントロール

オートクルーズコントロールとは、アクセルを踏まなくても一定の速度を保持しながら走行できる装置のこと

インターナビシステム

インターナビシステムとは、ホンダの情報サービスで、インターネットとカーナビゲーションを組み合わせたシステムのこと

ウェザーストリップ

ウェザーストリップとは、ドアや窓の隙間から雨や風などが侵入することを防ぐゴム(スポンジ)部品のこと

キャンバストップ

キャンバストップとは、キャンパス地を用いたサンルーフのこと

シートベルトプリテンショナー

シートベルトプリテンショナーとは、衝突時などにシートベルトを瞬間的に引き込み、体をしっかりと固定させる機構のこと

ナイトビジョン

ナイトビジョンとは、赤外線暗視カメラの映像を使用して、夜間でも前方の歩行者や障害物を発見できるシステムのこと

FMダイバシティアンテナ

FMダイバシティアンテナとは、2組のアンテナを利用して、ラジオ放送をきれいな音質で聞けるようにする装置のこと。

ブースターケーブル

ブースターケーブルとは、バッテリー上がりの時に使用する赤と黒のケーブルのこと。他の自動車のバッテリーと自車のバッテリーをブースターケーブルで連結して、エンジンをかける時に使用します。

コーナーリングランプ

コーナーリングランプとは、方向指示器(ウインカー)に連動して作動し、曲がる方向を照らすランプのこと

ランバーサポート

ランバーサポートとは、電動パワーシートなどに多くみられるドライバーの腰を支えるシート機能のこと

リトラクタブルヘッドランプ

リトラクタブルヘッドランプとは、昼間などヘッドランプを使用しない時は、ボンネットフードやフロントグリル内に収納しておき、使用する時にだけ飛び出してくるような機構のヘッドランプのこと

4WS

4WS(フォー・ホイール・ステアリング・システム)とは、4輪操舵システムのことで、後輪タイヤをコンピューター制御により動かして操縦性を高めた機構のこと。

ウェットグリップ

ウェットグリップとは、雨が降った時の濡れた滑りやすい路面でのグリップ力のこと。各メーカとも少しでもウェット時・ドライ時のグリップ力を向上させるように開発を進めている。

エコドライブ

エコドライブとは、自動車を運転する時に、燃料の節約を考えたり、少しでも環境を良くしようと配慮して走行すること。

コーナリングフォース

コーナリングフォースとは、コーナリング時に車体が遠心力で外側に行く事を抑えるために、タイヤが遠心力に負けずに踏ん張っている状態のこと。

ハイキャス

ハイキャスとは、日産の4輪操舵システム(4WS)のことで、コーナリング時に後輪も動くことで走行安定性を高める機構のこと

フェード現象

フェード現象とは、急な坂道を下るときなどに常にブレーキを使用する状況の時、ブレーキの効きが低下してしまう現象のこと。

スタンディングウェーブ

スタンディングウェーブとは、空気圧が低いときに発生しやすい現象で、高速運転時、タイヤのサイドウォールに波状のたるみが発生すること


クリッピングポイント

クリッピングポイントとは、コーナリング(カーブ)を走る時の、もっとも内側(イン側)に近いポイントののこと。主に自動車レースなどで使われる言葉。

ATF

ATFとは、オートマチック・トランスミッション・フルードの略で、オートマチック・トランスミッションの内部に充填されているオイルのこと。

ABS

ABSとは、急ブレーキを踏んだ時にタイヤをロックさせないようにでき、安定したブレーキングを行える装置のこと

CVT

CVTとは、オートマチックトランスミッションの一種で、無段階に変速比を変えられる自動変速機のこと。簡単に説明するとスクーターのミッションのような機構です。

EGI

EGIとは、Electronic gasoline injectionの略で、マツダ、日産、スバルなどが使用する電子制御燃料噴射装置付きのエンジンのこと。他のメーカーではEFI(Electronic Fuel injection)と呼ぶこともあります。

i-DSIエンジン

i-DSIエンジンとは、ホンダが開発したエンジンのこと。ツインプラグ(1気筒に2本の点火プラグ)で、低燃費・低排出ガスを実現しています。2001年、フィットに初採用されました。

LLC

LLCとは、ロング・ライフ・クーラントの略で、ラジエターに入れ冷却水と混合させることでエンジンの冷却・防錆の効果がある。色は赤や緑である

MIVEC

MIVECとは、三菱自動車が開発した可変バルブタイミング・リフト機構で、運転の状況に応じてバルブの開閉タイミングやリフト量を変化させるシステムのこと

VTEC

VTECとは、ホンダ自動車が開発した可変バルブタイミング・リフト機構で、運転の状況に応じてバルブの開閉タイミングやリフト量を変化させるシステムのこと

VVT

VVTとは、トヨタ自動車が開発した可変バルブタイミング・リフト機構で、運転の状況に応じてバルブの開閉タイミングやリフト量を変化させるシステムのこと

アイドリングストップ

アイドリングストップとは、無駄な燃料の消費を抑えることや、排気ガスの低減をするために、信号待ちなどでもエンジンを停止させること。

アテーサ

アテーサとは、日産の4WDシステムのこと。前後のトルク配分を調節し、適切な駆動力を伝える4WDで優れた走行安定性を発揮します。

インジェクション車

電子制御燃料噴射装置を搭載した自動車のことで、インジェクターで燃料が供給されます。

インジェクター

インジェクターとは、エンジンのシリンダー内に燃料を噴射する装置のこと

インタークーラー

インタークーラーとは、ターボ車に装着されている装置で、圧縮した空気を冷却してエンジン内部に送り込みます。

エア抜き

エア抜きとは、ブレーキ装置の内部(ブレーキオイル)のエアー(空気)を取り除く作業のこと。ほとんどの自動車は、ブレーキシステムを油圧で作動させており、ブレーキオイルが使用されています。

イージーシステム

イージーシステムとは、ルノー自動車で採用されているクラッチペダルのないマニュアルトランスミッションのこと。

エンジンマウント

エンジンマウントとは、エンジンとボディを止めているゴムなどの留め具のこと。

エンジン性能曲線

エンジン性能曲線とは、カタログに記載されているエンジンの性能を表したグラフのこと。横軸にエンジン回転数、縦軸に出力(kw)とトルク(Nm)が書かれている

オイル下がり

オイル下がりとは、吸排気バルブから燃焼室内にオイルが侵入してしまう現象のこと。エンジンをかけた時に白煙が出て、しだいに白煙が減るという症状が多い

オイル上がり

オイル上がりとは、ピストンとシリンダーの間から燃焼室内にオイルが侵入してしまう現象のこと。エンジンをかけた時には白煙は出ず、走行中に常に白煙が出ているのが特徴のひとつ

オーバークール

オーバークールとは、正常な冷却水の温度に達しない現象のことで、外気温が低い環境などの時におこる。

オーバーヒート

オーバーヒートとは、エンジン冷却水の温度が異常に高くなってしまうこと。水温の上昇はスピードメーター内のゲージ(ランプ)で確認できる。

オーバードライブ

オーバードライブとは、ギヤ比1.0以下のギヤのシフトポジションのこと。オーバードライブスイッチ(O/D)をオンにして、オーバードライブギアを使用すれば、エンジンの回転数が低い状態で高速走行できるので、静粛性が高まるうえに燃費も向上する。

ゲート式シフトレバー

ゲート式シフトレバーとは、オートマチック車のシフト操作時の誤操作を防止するために、ジグザグなどのガイドが設置されたシフトレバーのこと。

シーケンシャルターボ

シーケンシャルターボとは、小型タービンと大型タービンなど複数のターボチャージャーを用いて、低速では小型タービンを使用し、高速時には二つとも使用するなど運転状況に応じて切り替わるターボエンジンのこと。

シフトクオリティ

シフトクオリティとは、オートマチック車がシフトアップやシフトダウンを行った時に起こる変速ショックの質を意味している。高級車になればなるほどシフトクオリティを求められる

シフトストローク

シフトストロークとは、ミッション車のシフトレバーをニュートラルから各シフト位置まで動かさなければならない距離のこと。距離が通常より短い事をショートストロークという。

スポーツモードAT

スポーツモードATとは、ATがシフトアップする時のタイミングを遅くして、高めのエンジン回転数でシフトチェンジさせることにより、通常のATよりも加速性能を向上させているオートマチックトランスミッションのこと

セレスピード

セレスピードとは、アルファロメオ自動車のオートマチック付きシーケンシャルトランスミッションのこと。ステアリングホイール(ハンドル)に設けられた2つのボタンを使用してシフトチェンジすることができる。

エコノミーモードAT

エコノミーモードATとは、ATがシフトアップする時のタイミングを早くして、低めのエンジン回転数でシフトチェンジさせることにより、通常のATよりも燃費の向上させているオートマチックトランスミッションのこと

センターデフ

センターデフとは、4WD車に装備されているデファレンシャルのことで、前輪と後輪の駆動トルクを配分する装置のこと。

ダイレクトシフトギヤボックス

ダイレクトシフトギヤボックスとは、フォルクスワーゲン・アウディが2003年のジュネーブショーで発表した新機能を搭載した6速トランスミッションのこと。

ディスクブレーキ

ディスクブレーキとは、タイヤと一緒に回転するブレーキディスク(ブレーキローター)をブレーキパッドで両側から挟み、制動するブレーキシステムのこと。一般車に広く採用されているブレーキシステムです。

ドラムブレーキ

ドラムブレーキとは、ブレーキシューを、ドラム内側に押し付けて、その摩擦力で制動を得るブレーキ方式のこと。小型車(コンパクトカー等)のリヤブレーキなどに多く採用されています。

ドラムブレーキ

ドラムブレーキとは、ブレーキシューを、ドラム内側に押し付けて、その摩擦力で制動を得るブレーキ方式のこと。小型車(コンパクトカー等)のリヤブレーキなどに多く採用されています。

トルクコンバーター

トルクコンバーターとは、オートマチックオイルの流れを利用して、エンジンからの動力を変速機側に伝える装置。ミッション車でいうクラッチのようなもの

トルセンLSD

トルセンLSDとは、ギヤ同士が噛み合う摩擦抵抗を利用した、トルク感応式LSDのこと

トロイダルCVT

トロイダルCVTとは、日産自動車が世界で初めて実用化したCVTで、ディスクとパワーローラーを使用して動力を伝達させるCVTのこと。CVT車の多くはベルト式CVTである

ビスカスLSD

ビスカスLSDとは、ビスカスカップリングユニットでオイルの粘性を利用して制御を行う、回転感応式LSDのこと

ブレーキアシスト

ブレーキアシストとは、緊急時に急ブレーキを踏んだ時、自動的に通常よりも高いブレーキ圧を発生させてストッピングパワーをアシストする機構のこと。

ブレーキキャリパー

ブレーキキャリパーとは、ディスクブレーキの部品のひとつで、ブレーキパッドをブレーキディスクに強く押し付けて制動力を発生させる部品のこと

ブレーキジャダー

ブレーキジャダーとは、ブレーキを踏んだ時にブレーキペダルに振動が伝わってきたり、ボディが振動を起こしたりする現象のこと

ブレーキパッド

ブレーキパッドとは、ディスクブレーキシステム部品の一部で、耐熱性、耐摩耗性に優れた素材を使用してブレーキディスクを挟み、自動車を制動させる摩擦材のこと

ブレーキブースター

ブレーキブースターとは、エンジンの負圧を利用して、ブレーキペダルの踏力を増やし、ブレーキのパワーを引き出す装置のこと

ブレーキフルード

ブレーキフルードとは、ブレーキシステムのパーツの一つで、運転席のフットブレーキを踏むとブレーキフルード(液体)の圧力でブレーキパットやブレーキシューを作動させるしくみになっている

ベーパーロック現象

ベーパーロック現象とは、ブレーキシステムなどで使用されるブレーキフルード(液体)に高熱になった時に気泡が発生して油圧が正常に機能しなくなることをいう。ベーパーロック現象を起こすとブレーキを踏んでもブレーキが効かない・効きにくくなる。高速走行や長い下り坂などでブレーキを多用した場合に起こりやすい現象。

ヘリカルLSD

ヘリカルLSDとは、ヘリカルギヤ(ねじれ歯車)を使用したトルク感応式LSDのこと

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスクとは、ブレーキディスクの間に放熱用の風通し用の穴を開けたブレーキディスクのこと

マルチマチック

マルチマチックとは、ホンダが開発したCVT(無段変速機構)のこと

リーンバーンエンジン

リーンバーンエンジンとは、燃費向上のためエンジンシリンダー内部に吹き込む燃料を減らした、希薄混合気を安定燃焼させるエンジンシステムのこと

レブリミット

レブリミットとは、エンジンが破損する可能性があるエンジン回転数を上回らないように設けているリミット(上限)のこと

可変バルブタイミングシステム

可変バルブタイミングシステムとは、運転の状況に応じてバルブの開閉タイミングを変化させるシステムのこと

気筒休止VTEC

気筒休止VTECとは、ホンダシビックハイブリッド車に搭載しているエンジンで、燃費向上に大きく貢献しているシステムのこと

空燃費

空燃費とは、混合気の、燃料と空気の割合のことで、ガソリンエンジンの場合は、燃料1に対し空気14.7が完全燃焼に最適とされています。

自然吸気エンジン

自然吸気エンジンとは、スーバーチャージャーやターボチャージャーなどの過給機を使用せず、ピストンの上下運動による負圧で空気を吸入するエンジンのこと。NA(ナチュラル・アスピレーション)エンジンとも言われている。

水平対向エンジン

水平対向エンジンとは、クランクシャフトを中心にピストンが左右水平に動くエンジンのこと。ボクサーエンジンやフラットとも呼ばれている。国産車ではスバルの乗用車(レガシー等)が水平対向エンジンを搭載している。

直噴エンジン

直噴エンジンとは、通常のエンジンと違い、シリンダー内に直接燃料を噴射して点火する方式のエンジンのこと。超希薄燃焼が可能であるので燃費の向上や排気ガス低減のメリットがあります。
(通常のエンジンは、空気と燃料を混ぜた混合気をシリンダー内に送り込みます。)

直噴ディーゼルエンジン

直噴ディーゼルエンジンとは、シリンダー内部に直接燃料を噴射して点火する方式のディーゼルエンジンのこと

1ピースホイール(ワンピースホイール)

1ピースホイール(ワンピースホイール)とは、タイヤを支えるリム部分とディスク部分が一体成形されたホイールのこと。

PCD

PCD(ピッチ・サークル・ダイアメータ)とは、ホイールを車体に取り付けるハブボルト間の円の直径のことで、メーカーや車種によって数種類あり、国産車のPCDは114.3・110.0・100.0の三種類。輸入車は112.0や120.0などがあります。

VDC

VDCとは、ビークル・ダイナミクス・コントロールの略で、スバルや日産が使っているスタビリティコントロールの事です。

VSA

VSA(ビークル・スタビリティ・アシスト)とは、ホンダ車に使用されているスタビリティコントロールのことで、急激なハンドル操作等によって車両の姿勢が乱れた時に、エンジンパワーやブレーキを自動的に制御します。

VSC

VSC(ビークル・スタビリティ・コントロール)とは、トヨタ車に使用されているスタビリティコントロールのことで、急激なハンドル操作等によって車両の姿勢が乱れた時に、エンジンパワーやブレーキを自動的に制御します。

アクティブサスペンション

アクティブサスペンションとは、運転状況に応じてコンピューターで動きを制御するサスペンションのこと。

アライメント

アライメントとは、車体に対しての車輪の取り付け位置のことで、ハンドルから手を離しても真っ直ぐ進むことが出来たり、常に一定の操縦安定性を確保できるように調整されています。
調整項目は、キャスター角・キャンバー角・キングピン等。
事故や縁石にタイヤをぶつけてしまうと調整値が狂う場合がありますので、アライメント調整で基準値に調整します。

アルミホイール

アルミホイールとは、アルミニウムを使ったホイールのことで、操縦安定性や乗り心地の向上に貢献しています。
また、多くの種類が販売されているので好みに合ったデザインのホイールを選択することができます。
自動車ドレスアップの基本はアルミホイールを取り付けすることから始まります。

インチアップ

インチアップとは、ホイールのインチ(サイズ)をアップ・大きくすることで、タイヤの外径を変えずにホイールのリム径を大きくすることで、デザイン性の向上や走行性能を向上させることができます。

しかし、デメリットとして乗り心地が悪化したり、幅広タイヤを装着することで燃費が悪化したりします。

オフセット

オフセットとは、ホイールのリム中心からハブの取り付け面までの距離のことで、プラスオフセットやマイナスオフセットと呼ばれます。
オフセットの数値が大きければホイールはボディ内側に入り込み、逆に数値が小さければボディ外側に出ていきます。

オフロードタイヤ

オフロードタイヤとは、舗装されていない土や砂利などの悪路でもしっかりと走れる性能を持ったタイヤのこと。

コンパウンド

コンパウンドとは、タイヤのゴムに使用される材質をあらわす言葉です。
柔らかいコンパウンド(ソフトタイプ)は、タイヤのグリップ力は強いが減りが早く、固いコンパウンド(ハードタイプ)ではタイヤの減りは少ないが、グリップ力は劣ります。

ショックアブソーバー

ショックアブソーバーとは、サスペンション(タイヤとボディをつなぐ装置)に組み込まれており、地面からの振動を減らして乗りごこちを良くする為の役割をする装置のこと。

スカイフックサスペンション

スカイフックサスペンションとは、トヨタ自動車等で採用されているサスペンション方式で、ボディを空からつり下げた状態のように固定し、路面からの振動を減らすという理論のサスペンションです。
優れた操縦安定性と快適な乗り心地が得られるようになっています。

スタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤとは、スタッド(鋲・スパイク)が入っていない(レス)雪道専用タイヤの事で、雪が積もっている滑りやすい路面でも、しっかりグリップして走行できるように設計されたタイヤのこと。

以前はスパイクタイヤ(スタッドタイヤ)がよく使用されていたので、スタッドの入っていないタイヤ=スタッドレスタイヤと呼ばれるようになりました。

スタッドレスタイヤで雪道以外も走行できますが、普通のタイヤに比べ性能は落ちます。

センターブレーキ

センターブレーキとは、トラックのサイドブレーキの機構のことで、ミッションとプロペラシャフトの間にサイドブレーキ用のドラムブレーキが備えられています。

タワーバー(ストラットタワーバー)

タワーバー(ストラットタワーバー)とは、ストラット式サスペション上部に取り付ける棒の事。
ストラットタワーの左右に固定すればストラットタワー部の剛性とボディのねじり剛性が向上され、スポーツ走行が楽しめます。

スタビリティ

スタビリティとは、操縦安定性(安定して走行できる性能)のこと。

スタビライザー

スタビライザーとは、ボディのロール(ボディが左右にねじれるような動きの事)を抑制するもので、左右のサスペンション間に取り付けられている鉄の棒の事です。

インターネット継続割引(自動車保険)

同一の自動車保険会社で、前年と同様にインターネットで申込みを行えば、保険料を割引すること

スリックタイヤ

スリックタイヤとは、サーキット場で使用するタイヤのことでグリップ力がすぐれたもの。水はけ用の溝がないタイヤの事

ローテーション

ローテーションとは、前のタイヤ2本と後ろタイヤ2本を入れ替えること。
特にFF車の場合は、フロントタイヤ(前輪)の方が摩耗が激しいので定期的に前後タイヤを入れ替える事で平均的に消耗するようにさせます。

ダブルウィッシュボーン

ダブルウィッシュボーンとはサスペンションの一種で、V字型のアームを上下に二つ用いている形のもの。

デジタイヤ

デジタイヤとは、スーパーコンピュータの走行シミュレーションを使って設計されたタイヤの呼び名。

テンパータイヤ

テンパータイヤとは、タイヤがパンクしたときなどの非常時に使うタイヤのことで、通常のタイヤより細いものが多い。応急用タイヤとも呼ばれる

けん引フック

けん引フックとは、故障した自動車を引っ張るときなどに使用するフックで、フロント下部とリヤ下部にある。

車両本体価格

車両本体価格とは、自動車本体の価格の事

メーカーオプション価格

メーカーオプション価格とは、ムーンルーフ(サンルーフ)などクルマを製造する時に取り付けが必要なものの価格の事。基本的に後から取り付け出来ないもの。

販売店オプション価格

販売店オプション価格とは、自動車販売店で取り付けしてもらうオプションの価格の事。フロアマットやサイドバイザーなどが販売店オプション品になります。


車両現金販売価格

車両現金販売価格とは、車両本体にオプションを付けたクルマ自体の金額です。
 (車両本体価格+メーカー・ディーラーオプション−値引き=車両現金販売価格)


下取り車

下取り車とは、新車や中古車を購入する時に現在乗っている自動車を購入店に買い取ってもらう車両の事

下取り車

下取り車とは、新車や中古車を購入する時に現在乗っている自動車を購入店に買い取ってもらう車両の事

LEV

LEVとは、Low Emission Vehicleの略で排出ガス規制の適合車のこと。

ランフラットタイヤ

ランフラットタイヤとは、パンクしても走行できるタイヤのこと。

マグネシウムホイール

マグネシウムホイールとは、マグネシウム合金を使ったホイールのことで、アルミニウム(アルミホイール)より軽いのが特徴です。

J-LEV

J-LEVとは、日本国内の排出ガス規制のことで、、J-LEVは平成12年度排出ガス規制のHC(炭化水素)、Nox(窒素酸化物)の基準を50%以上削減したものとなりJ-LEV車は「優-低排出ガス」車となります。

トレッドパターン

トレッドパターンとは、タイヤの接地面(地面に当たる面)に刻まれた溝の模様のこと。

J-ULEV

J-ULEVとは、日本国内の排出ガス規制のことで、、J-ULEVは平成12年度排出ガス規制のHC(炭化水素)、Nox(窒素酸化物)の基準を75%以上削減したものとなりJ-ULEV車は「超-低排出ガス」車となります。

ホイールバランス

ホイールバランスとは、タイヤをホイールに装着した際のバランスのことで、ホイールバランスが狂うとスピードを出した時にハンドルがブルブル震える等の不具合が発生します。

リーフスプリング

リーフスプリングとは、鉄でできた細長い板状のバネで、4ナンバーライトバンやトラックなどの荷物を積む車両などに使用されています。板バネとも呼ばれています。

自動車リサイクル法

自動車リサイクル法とは、2005年1月から施行された法律で廃車される自動車から再利用できる部品を取り出してリサイクルするという、環境を保護するための法律のことです。

オゾン層を破壊するエアコンのフロンガスや、ステアリング・ハンドル等に取り付けられているエアバッグ、自動車を破砕して生じるシュレッダーダストなどがリサイクルの対象になります。
リサイクル料金はユーザーの負担となり、新車購入時もしくは車検の時に支払うようになります。
リサイクル料金は、車両ごとに設定されています。

ハチロク(86)

ハチロクとは、トヨタ自動車から1983年〜1987年にかけて販売された、カローラ・レビンとスプリンター・トレノ」の呼称(愛称)で車両型式番号がAE−86であることから走り屋・自動車屋等がハチロクと呼んでいる。
漫画 頭文字D(イニシャルD)の主人公(藤原拓海)の運転する自動車としても有名です。
エンジンは「4A-G」(1600cc)を搭載し、ボディタイプは3ドアハッチバックと2ドアクーペの2種類あった。

ワンダー

ワンダー(ワンダーシビック)とは、ホンダ(本田技研工業)から1983年9月に発売されたシビックの通称名です。
3代目のシビックになり、ホンダとして初めて日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

グランド

グランド(グランドシビック)とは、ホンダ(本田技研工業)から1987年9月に発売されたシビックの通称名です。
4代目のシビックになり、ボディラインナップは先代同様、3ドア・4ドア・5ドア(シャトル)の3種類が販売されました。

車検

車検とは、自動車の安全性確保のために、国が義務づけているもので、新車購入から3年後(2年後)、それ以降は2年(1年)ごとに必ず受けなければならない車両検査のこと。


アルカンターラ

アルカンターラとは、自動車のシート表皮や内装に使用されている合成皮革の一つです。
柔らかな質感と優雅な風合いが特徴で、冬は暖かく夏はサラッとした心地よい肌触りが魅力です。

アーシング

アーシングとは、自動車の電気系統のプラス極からマイナス極への配線の抵抗を減少させることで各電装部品の性能を改善させるために行う方法です。

DINサイズ (ディンサイズ)

DINサイズとは、オーディオやカーナビゲーションなどを取り付ける時の規格サイズの事。

1DINサイズは高さ・50mm、横幅・178mm。2DINサイズは横幅は同じで、高さを2倍にしたもの。

トヨタ自動車

トヨタ自動車株式会社とは、愛知県豊田市と東京都文京区に本社を置く、日本の自動車メーカーの事。

運転年齢条件(自動車保険)

自動車(オートバイ)を運転する者の年齢を制限して、 保険料に差をつける特約のこと

インターネット割引(自動車保険)

インターネット割引とは、自動車保険の申込みを全てインターネットで行われる方を対象に保険料を割引すること

イモビライザー割引(自動車保険)

イモビライザー(盗難防止装置)を車両に装着することにより、車両保険の割引をすること

エコカー割引(自動車保険)

エコ カー(ハイブリッドや低燃費車)に対して自動車保険を割引すること

記名被保険者(自動車保険)

記名被保険者とは主として自動車を運転する者で保険証券の記名被保険者欄に記載されます。

家族限定割引(自動車保険)

家族限定割引とは自動車の運転をする者の範囲を、記名被保険者およびその家族(配偶者 ・同居の親族 ・別居の未婚の子)に限定した場合、保険料が割引となります。
本人や家族以外の人が運転中に事故を起した場合には保険金は支払われませんので注意が必要です。

賠償被保険者(自動車保険)

賠償被保険者とは主として自動車を運転する者で保険証券の記名被保険者欄に記載されます。

ゴールド免許割引

被保険自動車を主に運転する方の運転免許証の色(グリーン、ブルー、ゴールド)に応じて保険料が変化し、「優良ドライバー」であるゴールド免許保持者は自動車保険料が安くなるという割引です。

型式

車検証の型式と書かれている欄に記載されている自動車の車名を表す記号のことで、「けいしき」もしくは「かたしき」と読みます。

ABS割引(自動車保険)

ABSが装着されている自動車は制動距離が短くなったり 操縦性が安定することにより 安全性が向上するので、対人賠償責任保険・対物賠償責任保険・搭乗者傷害保険・人身傷害補償保険の保険料が割引になる。

エアバッグ割引(自動車保険)

エアバッグが自動車に装備されていれば、事故を起こしたときでも怪我をしにくくなり、安全性が向上するので、搭乗者傷害保険・人身傷害補償保険の保険料が割引になる。

ハイブリッドカー

ハイブリッドカー(ハイブリッドビークル)は、異なる二つ以上の動力源・エネルギー源を持つ自動車のことです。
トヨタのプリウスなどが、ハイブリッドカーになります。

時間や手間をかけずに、新車・中古車を1万円でも安く買いたい方へ

中古車を購入する時は、安心できる中古車を少しでも安く買いたいですよね。

ガリバーの中古車提案サービスは、累計で10万人以上の人が利用しており、北海道から沖縄まで約420店舗の中古車の在庫と金額を調べてもらえます。
気に入った車があれば購入する事も可能です。


また、中古車提案サービスを利用しても、ガリバーで購入しなければいけない訳ではありません。

このサービスを利用すれば、全国の相場が分かるので、地元の中古車販売店と比較して、さらに安く中古車を購入することができます。

おおよその予算は決まっているが、車種が決まらない方向け
⇒◆中古車のプロが車を提案してくれるサービス※詳細はこちら※(無料)

欲しい中古車のメーカーや車種が決まっている方向け
⇒◆メーカーや車種から中古車を検索※詳細はこちら※(無料)


新車を購入するときは、1万円でも安く購入したいですよね。

1社だけの見積りで決めてしまうと、平均値引き額がわからず、相場よりもはるかに高い価格で買ってしまう可能性があります。
また、ライバル車・競合車の見積りを同時に入手すれば、付属部品・値引き・総支払額などが簡単に比較できます。

複数のディーラーへ見積りをもらいに行くのは手間ですし、営業マンからの攻撃を避ける手段として、「オンライン新車見積り」をしませんか?

オートックワン(オートバイテル)なら、全メーカーの新車見積りが無料で依頼でき、営業マンからの希望しない電話連絡・訪問は一切ありません。

複数の新車を見積りして、値引きの多いお店や良い対応のお店で商談すれば、新車を安く購入することができます。

国産車と輸入車の新車見積もりが欲しい方向け
⇒◆無料見積り 新車欲しい方必見!見積をネットでご回答!※詳細はこちら※(無料)